×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

王貞治の栄光と挫折

王貞治はご存知だと思います。
王貞治の栄光の陰には王貞治の忍耐があったのです。


王貞治

王貞治を知らない人はいないと思いますが、王貞治について改めて記事にしてみました。2008年限りでソフトバンクの監督を辞任する予定だそうですね。単純に王貞治が2008年で本当にユニフォームを脱ぐことになる。2008年の王貞治を温かく見守るためにもぜひもう一度王貞治の歩みを思い起こしてみましょう。1940年生まれの王貞治はホームラン世界記録755本を上回る868本のホームランを打っています。そして国民栄誉賞の最初の受賞者でもあり、ベースボールクラシックの初代優勝監督にもなっています。このような王貞治をじっくりと調べてみました。


王貞治の歩み

王貞治は中学生時代に荒川博に見出されて早稲田実業高校へ進学しますが、王貞治が早稲田実業高校へ進学したのは都立隅田川高校の受験に失敗した結果なのです。王貞治は早稲田実業高校でセンバツに出場に優勝する。さらに王貞治その年の夏の甲子園ではノーヒットノーランを達するという投手として野球をやっていたのです。王貞治は翌年のセンバツでは2試合連続ホームランを打っています。甲子園で活躍をしたチームには国体に自動的に出場できるのですが、王貞治の早稲田実業高校は国体に出場しましたが、王貞治個人はは国籍の問題があって国体には出場できませんでした。当時大きなニュースとして取り上げられました。

王貞治は1959年に読売ジャイアンツに入団。王貞治は甲子園では優勝投手となり、ノーヒットノーランまでの実績をもっていましたが水原監督から「お前は球が遅い」と言われて王貞治は一塁手に転向する。一塁手転向後の王貞治は今の王貞治からは想像もできないような成績でした。王貞治が読売ジャイアンツに入団して3年間の本塁打数は合計37本でした。


王貞治がホームラン王

王貞治は1962年に荒川博コーチの指導の元で「フラミンゴ打法」を完成させる。フラミンゴ打法とは一見1本足で打っているように見えますが、あくまでもタイミングをとるための打法であって、バットにボールが当たる瞬間には両足が地面についています。王貞治のフラミンゴ打法の完成によって1962年から1974年までの13年間、ホームラン王を独占することになるのです。

王貞治の13年間の間には、王貞治が打席に立つとレフと側の選手をすべてライト側で守らせる「王シフト」と言われる守備陣形も生まれました。王貞治は1980年に現役選手を引退するのです。王貞治1981年からは読売ジャイアンツの助監督を勤め、王貞治は1984年から監督に就任し1987年にはリーグ優勝するが、日本シリーズでは西武ライオンズに敗れて日本一にはなれませんでした。王貞治は1988年には責任を取らされる形で読売ジャイアンツの監督を辞任しNHKの解説者となります。

王貞治は1995年からは福岡ダイエーホークスの監督に就任するが思ったように成績が振るわず1996年には王貞治が乗ったバスに生卵が投げつけられる事件も起きている。このとき王貞治は「我々は勝つしかない。勝てばファンも拍手で迎えてくれる」といっている。1999年には王貞治が率いる福岡ダイエーホークスがリーグ優勝。


京都タワー ペットボトル ジョン・ガリアーノ 竹下通り ハンドメイドワンピース オリエンタル工業





Copyright(C)  王貞治の栄光と挫折 All rights reserved